@kazuno blog

think (study) architecture , design and communication.


アナと雪の女王



アナと雪の女王を観てきました。

各地で話題になっているのは知っていましたが、想像以上に良い作品でした。 ストーリーも中心部分は凄いよく練られていて、最後にはそういうことかーっ!!と一人納得してしまいました。 そして何よりもすばらしかったのは音楽ですね。オペラかっ!!ってくらい歌います。

うっかりiTunesでサントラを購入してしましました。通勤時間にヘビロテしようと思います。

Amazonにもありますね。

一人納得したストーリーについては下記に。 以下ネタバレ注意。


雪の女王ことエルサは子供の頃から父親に言われてきました。「感情を抑制しろ」「魔法をコントロールしろ」と。

エルサは大人になってからも、また、自身の魔法が暴走した時には何度も呟きます。「感情を抑えるのよ」っと。

でも、エルサの魔法が暴走したのを止める唯一の力「真実の愛」は感情を抑制していてはけっして生まれないものなんですよね。

アナの姉を思う気持ち、エルサの妹を思う気持ち、真実の姉妹愛。それがアナと雪の女王のメインテーマであることに気付き、そこまでの全ての点が繋がり線になる感覚が心地よかったです。 アナとクリストフのチープな恋愛ものくらいに思っていたので尚更です。

まだ四半期が終わったところですが、今年の最高作品候補No1です。

広告を非表示にする

© copyright kazuno all right reserved.